九州フィナンシャルグループ

金融機関コード:
0185
総合TOP > 鹿児島銀行について > 頭取あいさつ
鹿児島銀行について

頭取あいさつ

取締役頭取 上村基宏

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申しあげます。

 当行は企業理念に「地域貢献」、「顧客志向」、「健全経営」、「企業活力」を掲げ、地域に根ざす金融機関として強固な基盤を築いてまいりました。

 一方、当行が営業基盤とする鹿児島・宮崎においては、加速する人口減少と少子高齢化による地域経済社会の縮小が懸念されております。また、地域金融機関を取り巻く環境は、マイナス金利政策の継続や先行きが不透明な金融市場の影響に加え、フィンテックなどITを活用したサービスの進展により益々厳しさを増すとともに、大きく変化する時代を迎えております。

≪活力あふれる地域経済社会の実現に向けて≫
 このような環境において当行は、地域金融機関の使命である“活力あふれる地域経済社会の実現”に向け、あらゆる経営資源を活用して常に新たな挑戦を続けてまいります。

 当行と株式会社肥後銀行が設立した持株会社「株式会社九州フィナンシャルグループ」は、この4月から3年間にわたる「第2次グループ中期経営計画~融合ステージ~」をスタートいたしました。
 活力あふれる地域経済社会をお客さまや地域と共に創りあげていく「地域活力共創」グループを目指し、本年1月に開業した「九州FG証券株式会社」との連携によるワンストップの総合金融サービスの提供と、従来の銀行業務の枠を超えた地域の産業振興や雇用創出にグループ一体となって取り組んでまいります。

 また、当行においても第2次グループ中期経営計画に基づき様々な施策を展開する「第7次中期経営計画(略称:第7次マスタープラン)」をスタートいたしました。
 お客さまとの接点をさらに増やすとともに、心から満足いただける質の高いサービスの提供に向け、役職員一人ひとりのたゆまぬ自己研さんに努めてまいります。

 新たなスタートとなる本年度も、当行が地域の皆さまにとって真に必要とされる銀行であり続けるため、全役職員がお客さまお一人おひとりと真摯に向き合い、少しでもお役に立てるよう行動してまいります。

 なにとぞ、今後とも一層のお引き立てとご支援を賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。

2018年4月
取締役頭取 上村基宏