金融機関コード:
0185
九州ファイナンシャルグループ
肥後銀行
九州FG証券
総合TOP > 個人のお客さま > サービスガイド > かぎん通帳アプリ > 「かぎん通帳アプリ」利用規定

「かぎん通帳アプリ」利用規定

  「かぎん通帳アプリ」利用規定(以下、「本規定」といいます)は、株式会社鹿児島銀行(以下、「当行」といいます)がお客さまのスマートフォン(以下、「端末」といいます)にダウンロードされたアプリケーション「かぎん通帳アプリ」(以下、「本アプリ」といいます)を、お客さまにご利用いただく場合の条件等を定めたものです。 お客さまは、本規定に同意していただいた場合に、本アプリをダウンロードし第2条第1項に定めるサービス(以下、「本サービス」といいます)をご利用いただけます。


1.本規定の適用範囲

    1. 本規定は、本サービスを利用する方ご本人(以下、「利用者」といいます)に適用されます。本サービスについては、本規定の定めによるほか、当行が定める預金等共通規定等の関連する各規定(以下、「関連規定」といいます)が適用されます。なお、関連規定と本規定とで差異が生じる場合は、本規定が優先して適用されるものとします。

2.本サービス

    1. (1)本サービスは、本アプリにより、第3条第2項に定める口座(以下、「本サービスご利用口座」といいます)で第5条に定める機能をご利用いただくサービスです。
    2. (2)本サービスでは、通帳を発行しません。
    3. (3)当行は、本サービスの全部または一部について、追加、停止、終了ならびにサービス内容および利用条件の変更を行うことがあります。

3.利用条件等

      1. (1)本サービスがご利用いただける方は、当行に本条第2項に定める口座を所有している個人のお客さまとなります。
      2. (2)本サービスご利用口座の対象は、キャッシュカードの発行がある円貨普通預金(決済用普通預金を含みます)および総合口座定期預金となります。
      3. (3)本サービスのご利用時間は、当行が別途定めた時間内とします。なお、利用時間内であっても、臨時のシステムメンテナンスの実施等により本サービスの全部または一部がご利用できない場合があります。
      4. (4)本サービスの利用は無料ですが、本アプリの利用およびダウンロード(本アプリのバージョンアップなどの再ダウンロードを含みます)にかかる通信料は利用者のご負担となります。
      5. (5)本アプリは当行所定の端末・利用環境でのみ、ご利用いただけます。ご利用いただける環境については、当行ホームページでご確認ください。
      6. (6)本サービスご利用口座が以下に該当する場合は、本サービスをご利用いただけません。
        1. キャッシュカードの喪失・盗難手続中
        2. 教育資金贈与専用口座または後見支援預金
        3. その他、当行所定の条件を充たさない場合
      7. (7)現在発行済の通帳を本サービスにお切替された場合は、通帳を使用する一切のお取引ができなくなります。未記帳明細をお手元に残す必要がある場合は、本サービスのご利用前に通帳記入を行ってください。

4.初回登録・利用認証

      1. (1)本アプリを初めてご利用になる場合、初回登録を行う必要があります。そのうえで、本サービスでご利用になる利用者の口座を選択していただきます。
      2. (2)当行は、前項で利用者が選択した本サービスご利用口座について、当行にお届けいただいている情報をもとに本サービスの利用認証(以下「利用認証」といいます)を行います。当該利用認証が完了した場合、当行は、利用者の本サービスご利用口座にかかる情報を本サービスと連携することについて、利用者の指示があったものとみなします。
      3. (3)初回登録後は登録した本アプリ専用の暗証番号、または利用者の端末の生体認証によるログインで、本アプリを利用することができます。

5.本サービスの機能

      1. (1)本サービスでは、本アプリを利用して以下の各機能を提供します。
        1. 残高照会
          1. 本サービスご利用口座の残高照会ができます。定期預金はお預り番号毎の明細が照会できます。
        2. 入出金明細照会
          1. 円貨普通預金の入出金明細の照会ができます。利用認証時点の翌日から、最長3か月前の応答月の1日にさかのぼって明細を照会することができます。それ以前の明細は照会できません。なお、10年を超えた過去の明細データは1ヶ月単位で閲覧できなくなります。
        3. メモ登録
          1. 普通預金の入出金明細にメモの登録ができます。メモは1入出金明細につき30文字まで入力できます。メモに登録した情報は本アプリでのみ利用できます。したがって、メモに登録した情報は「かぎんeバンクサービス」等へは反映されません。
        4. 口座の追加
          1. 初回登録後、本サービスご利用口座を追加する場合は利用者の利用する口座の中から、追加する対象口座を選択し、追加した本サービスご利用口座につき利用認証を受ける必要があります。
      2. (2)当行は、前項で利用者が選択した本サービスご利用口座について、当行にお届けいただいている情報をもとに本サービスの利用認証(以下「利用認証」といいます)を行います。当該利用認証が完了した場合、当行は、利用者の本サービスご利用口座にかかる情報を本サービスと連携することについて、利用者の指示があったものとみなします。
      3. (3)初回登録後は登録した本アプリ専用の暗証番号、または利用者の端末の生体認証によるログインで、本アプリを利用することができます。

6.本サービスの利用解除

      1. (1)本サービスの利用解除をご希望の場合、本アプリ内での本サービスの退会手続きが必要になります。端末からの本アプリの削除だけでは口座情報等の削除ができませんのでご注意ください。なお、本アプリ内での退会手続を行わなかったことによる残存口座情報等に関して生じた損害については、当行は責任を負いません。
      2. (2)「かぎんeバンクサービス」未契約者が、本サービスの退会手続きをされる場合、別途「かぎんeバンクサービス」の申込をいただくか、または当行本支店窓口にて通帳発行の手続が必要となります。なお、通帳発行にあたっては当行所定の通帳発行手数料が必要となります。
      3. (3)成年後見人等の届出を行う場合には、通帳発行によるお取扱いとなりますので、本サービスは利用できなくなります。
      4. (4)本サービスに登録した本サービスご利用口座を解約した場合、当該解約口座にかかる本サービスのご利用はできなくなります。

7.禁止事項

      1. (1)利用者は本サービスおよび本アプリをご自身による利用のみの目的で利用するものとし、本サービスおよび本アプリに基づく利用者の権利について譲渡、質入れ、第三者の権利を設定すること、または第三者に利用させることはできません。
      2. (2)利用者は本アプリのプログラムおよび本アプリに付帯する情報の転載・複製・修正・蓄積・転送・改変・リバースエンジニアリングまたはこれに類する行為を行ってはなりません。

8.知的財産権等

    1. 本アプリにかかる著作権その他一切の知的財産権は当行または正当な権利を有する第三者に帰属します。

9.本サービスご利用口座の預入・払戻し等

    1. 本サービスご利用口座は、現金自動預入・引出兼用機(以下、「ATM」といいます。)、「かぎんeバンクサービス」、または当行本支店の窓口(ただし、ATMまたは「かぎんeバンクサービス」において取引できない場合に限る。)でお取引きいただけます。なお、「かぎんeバンクサービス」は別途契約が必要となります。

10.個人情報等の取扱い

    1. 当行は、利用者の個人情報の取扱いについては、当行が別途定める個人情報保護方針(https://www.kagin.co.jp/privacy.html)の定めによるものとし、利用者は、この個人情報保護方針に従って当行が利用者の個人情報を利用することについて、同意するものとします。また、利用者は、第4条に基づく初回登録・利用認証において当行に提供した個人情報その他本サービスの利用により当行が取得した利用者の個人情報を、当行が別途定める個人情報の利用目的(https://www.kagin.co.jp/privacy.html)の範囲内で当行が利用することについて、同意するものとします。

11.反社会的勢力の排除

      1. (1)利用者は、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなったときから5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、これらを「暴力団員等」といいます。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ、将来にわたっても該当しないことを確約します。
        1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
        1. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
        1. 自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
        2. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
        3. 役員または経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
      2. (2)利用者は、自らまたは第三者を利用して、次の各号に該当する行為を行わないことを確約します。
        1. 暴力的な要求行為
        2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
        3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
        4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて当行の信用を毀損し、または当行の業務を妨害する行為
        5. その他前各号に準じる行為
      3. (3)当行は、利用者が暴力団員等もしくは第1項各号のいずれかに該当し、もしくは前項各号のいずれかに該当する行為をし、または第1項の規定に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、当行は利用者に対して催告することなく本サービス利用契約を解除することができ、これによって被った損害の賠償を請求できるものとします。
      4. (4)当行は、前項の規定に基づく本サービス利用契約の解除により利用者に損害が生じた場合にも利用者に対して一切の損害賠償責任を負わないものとします。

12.免責事項

      1. (1)本サービスの利用に関し、不正アクセス、情報流出・情報漏えい等が生じた場合、そのために利用者に生じた損害については、当行に責めがある場合を除き、当行は一切の責任を負いません。
      2. (2)端末の紛失盗難その他事故により本アプリが不正使用され、口座の情報を第三者に閲覧された場合であっても、それにより生じた損害について当行は一切の責任を負いません。
      3. (3)端末の障害、機種変更、端末初期化、電源オフおよび圏外時の利用、通信機械およびコンピュータ等の障害ならびに回線障害により、本サービスの提供が遅延もしくは不能となった場合、これらに関連して利用者に損害が発生したとしても当行は一切の責任を負いません。

13.本規定の変更

      1. (1)本規定の各条項その他の条件は、本サービスの仕様の変更、金融情勢その他の状況の変化その他相当の事由があると認められる場合には、当行ウェブサイトへの掲載による公表、その他相当の方法で周知することにより、変更できるものとします。
      2. (2)前項の変更は、公表等の際に定める適用開始日から適用されるものとします。

14.準拠法

    1. 本規定の準拠法は、日本法とします。

15.合意管轄

    1. 本サービスに関する訴訟については、鹿児島地方裁判所を管轄裁判所とします。

16.その他

      1. (1)当行は、利用者が本規定に同意することを条件として、本アプリを利用者の端末でのみダウンロードして利用することのできる、非独占的かつ譲渡不能の使用権を無償で許諾するものとします。
      2. (2)当行は、利用者が本規定に違反した場合に、いつでも利用者に許諾した本アプリの使用権を停止させ、または使用権を失効させることができるものとします。この場合、利用者は直ちに本アプリをアンインストールまたは削除するものとします。
      3. (3)本アプリは、日本その他外国の輸出入規制の対象となる可能性のあるものであり、利用者が本アプリをインストールした端末を日本から国外へ持ち出す際には、関連法令を遵守し、これに違反した行為により生じた問題につき、利用者自身の責任と負担で解決するものとします。