九州フィナンシャルグループ

金融機関コード:
0185
総合TOP > 鹿児島銀行について > 頭取あいさつ

頭取あいさつ

2020年4月
取締役頭取 

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

当行は企業理念に「地域貢献」、「顧客志向」、「健全経営」、「企業活力」を掲げ、地域に根ざす金融機関として強固な基盤を築いてまいりました。

当行が営業基盤とする鹿児島・宮崎においては、少子高齢化の進行による人口減少、それに伴う地域経済社会の縮小が懸念されております。全国的には大規模災害の発生などが、市民生活や企業活動に大きな影響を与えています。また、金融業界においてはビジネスモデルの転換期を迎えていることに加え、マイナス金利政策の長期化などにより地域金融機関を取り巻く経営環境は厳しさが増しております。

このような環境のなか、当行と株式会社肥後銀行が設立した持株会社「株式会社九州フィナンシャルグループ」では、「第2次グループ中期経営計画~融合ステージ~」が最終年度を迎えました。グループ全体の「融合」を加速し、銀行・証券・信託の連携といった既存事業をさらに深化させるとともに、金融の枠にとらわれない新たな事業分野への挑戦を進めていくことで、地域に存在する各種課題の解決を図り、「持続可能な地域社会の実現」を目指してまいります。

当行におきましては、本年5月に本店ビルが完成します。本部機能やグループ会社を集約することで、「かぎんグループ」の力をより一層高め、これまで以上に地域の発展に尽くしてまいります。また、本店ビルならびに本店別館ビルの1、2階に設ける商業施設「よかど鹿児島」が本格稼動いたします。地域の交流拠点として、多くの皆様にお越しいただくことにより、賑わいの創出を図ってまいります。このような地域の活性化に資する各種取り組みを通じて、当行が掲げる企業理念の実現を目指してまいります。

また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、今後地域経済社会へ大きな影響を及ぼすことが懸念されます。活力あふれる地域経済社会の実現が、私達地域金融機関の使命であることを全役職員がいま一度強く認識し、全てのお客さまに寄り添い、お客さま一人ひとりの経営課題やお悩みの解決のため真摯に取り組むことで、「地域に必要とされる銀行」を目指してまいります。

なにとぞ、今後とも一層のお引き立てとご支援を賜りますよう、宜しくお願い申しあげます。