九州フィナンシャルグループ

金融機関コード:
0185
総合TOP > 鹿児島銀行について > 頭取あいさつ
鹿児島銀行について

頭取あいさつ

取締役頭取 松山澄寛

 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 このたび取締役頭取に就任いたしました松山澄寛でございます。


 当行は企業理念に「地域貢献」、「顧客志向」、「健全経営」、「企業活力」を掲げ、140年の長きにわたり、皆さまにご愛顧いただき、地域に根ざす金融機関として強固な基盤を築いてまいりました。


 当行が営業基盤とする鹿児島・宮崎においては、少子高齢化の進行による地域経済社会の縮小が懸念されております。また、マイナス金利政策の長期化や他業種の金融サービス参入による競争の激化などにより、地域金融機関を取り巻く環境はますます厳しさを増すとともに、急速に変化し続けております。


 このような環境の中、当行と株式会社肥後銀行が設立した持株会社「株式会社九州フィナンシャルグループ」では、「第2次グループ中期経営計画~融合ステージ~」が2年目に入りました。両行ではこの4月から自行商品として相続・資産承継関連の信託業務の取り扱いを開始いたしました。銀行と九州FG証券株式会社に信託機能を加えた3つを連携させ、お客さまに応じた商品をワンストップで提供できる仕組みの確立に、グループ一体となって取り組んでおります。


 さて、当行は本年10月に創業140周年を迎えます。長年にわたり当行を支えていただいているお客さまからの信用と信頼に応えるべく、地域金融機関の使命である“活力あふれる地域経済社会の実現”に努めてまいります。また、現在取り組んでいる「第7次中期経営計画(略称:第7次マスタープラン)」の施策を着実かつ迅速に実行してまいります。


 また、今月末には現在建設中の新本店ビル2棟のうち、本店別館ビルをオープンいたします。同ビルの1、2階に設ける賑わい施設“よかど鹿児島“は、地元の食や物産品など「よか」ものが集まる観光振興の拠点として、地元の皆さまに愛される施設を目指してまいります。また、完全キャッシュレス決済を導入し、訪れた方に新たな体験を楽しんでいただける魅力的な空間づくりに取り組んでまいります。


 創業140周年の節目となる本年度も、当行が地域の皆さまにとってなくてはならない銀行であり続けるため、全役職員がお客さまお一人おひとりに寄り添い、少しでもお役に立てるよう行動してまいります。


 なにとぞ、今後とも一層のお引き立てとご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

2019年6月
取締役頭取 松山澄寛